« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

祝☆1歳☆

とうとう・・・この日が来てしまいましたweep
1年・・・早かったなァ・・・ほんとしみじみしてしまいます。
うーーーん。
色々思い返してみてもさっぱり思い出せない(笑)
ほっといても子供は育つんだということを身をもって体験できた1年でした。

Photo おもち。
背負わせました。
うちがおもちを注文したところはおもちだけしかないので、背負わすにはどうしようかと・・・
柚姫の時のようにリュックを買ってもなァ・・・あんまり使わないし、とくに下の子は抱っこばっかりだし、リュック背負わせて出かけても最初だけであとは私が持つはめになって荷物が増えるしな・・・とか、幼稚園の遠足用にするにしてはまだデカイし・・・ということをグズグズと悩んでいると、ピーチンが、

「風呂敷でいいんじゃない?」

とこれまた2人目でイベントの新鮮さがなくなったコメントをしてくれましたが、それがピンshineときた!!!
そうそう、お友達のおうちに遊びに行く時など、手土産を包むまさに風呂敷がほしかったことを思い出してそうすることに即決(笑)
どうせなら、思い出にのこるようにと、画像はみずらいけど、唐草模様のコソ泥クンにしました。
せっかくなので、生地を買ってきて自分で縫いました。
縫ったといばれるほどの技術はいらなかったけど(笑)

おチビくんは見事に転んで頭うったりしてくれました。
泣いてるのに何度も柚姫にスパルタされ、最後は号泣でした(笑)

そして、ケーキはピーチンと柚姫がスポンジとクリームとイチゴを買ってきて、どでかいのを二人で作ってましたheart04
作ってる間、「おいしそーーーcakeはァ・・・早くたべたいなァ・・・」と柚姫が言ってました。
わたしはその間、赤飯を炊きました。
そのほか、28日はニワの日でケンタッキーが安いので、ファミリーパックを用意しました。

手作りばっかで貧乏くさいささやかなパーティでしたが(笑)、それでも、「おちびーこれは柚姫おねえちゃんとぱぱが作ったケーキなんだよーすごいでしょー?!」と自慢する柚姫をみて、こんなんでも幸せだなァ・・・と思えましたlovely

というのも・・・

なんでこんなに気持ちに余裕があるかというと・・・

そうなの、わたし、これから飲み会に誘われてるのhappy01beer

ピーチンがサッカーの試合に行くまでの時間ですが、カズチンママの手作りおでんとビールがわたしを待っているのでございますhappy02
カズチン宅で、また、おチビの誕生日を盛大に祝ってこようとおheart01heart01heart01heart01heart01

PS・・・ピーチンに、「おチビって何時何分に産まれたっけ?」と聞いたら、「覚えてない・・・」と(笑)
1年前の出来事は忘れてるのに3年半前の柚姫のことはよーーーーーく覚えているようでgawk
こんなもんだよね・・・

とにかく、おチビ1歳おめでとうnote
柚姫チャン、おねえちゃん1周年おめでとうlovely
これからも楽しく過ごして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3歳8ヶ月

になりました、柚姫さん。
最近は“脱・反抗期”なのか少し大人になった気がします。
わたしとそんなにもめずに済んでます(笑)
今朝、当直で今晩帰宅しないピーチンから、
「最近、二人が仲良しなのでとーちゃんはうれしいよ。」
とメールがくるくらいな“わたしたち”です(笑)

3歳も後半になってきて、色々なコトがわかってきてるようです。
交通事故などのニュースでその映像がうつったら、
「どうしたの?車がぶつかったの?死んだの?」
とか聞いてくるし、ドラマとかもストーリーがなんとなくわかるようで、ちょっとわかりずらかったら、「いまのどうしたの?」と説明を求めてきたりします。

あとは、1週間あって幼稚園のお休みが2回とか、時計を持って遊びながら、12はおひるごはん、3はおやつ、21は寝る時間・・・などなど言いながら遊んでるので、人間生活(笑)が理解できてきたんだな・・・と感じます。

そうそう、今朝。
幼稚園のバスの時間になったので、出かけようと準備したら、
「ママ、今日、柚姫が幼稚園だからうれしい?」
と聞かれました(苦笑)

「えーーそんなことないよー。さみしいよーー。でも、幼稚園には柚姫のお友達がいっぱいいて遊びたいしょー。だから、幼稚園帰ってきたらママと一緒に遊んでよ。」
と言うと、にっっっこーーーり笑って、
「マァマー、手洗い消毒忘れてるじゃん。手洗い消毒して、おやつ食べたら、一緒に遊ぼっか。あ、おチビもね!」
と言われました(笑)

3歳児に試されてるわたし・・・。

それでも、柚姫はすんごく機嫌よくなってさわやかに幼稚園に行きました。

うーーーん。
そんな試されるようなことを子供に言わせてしまうわたし、ダメダメだわ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字

Photo_3 幼稚園で、お手紙ごっこみたいのがすでに始まっていて、夏休みが明けたころからよくお友達からもらって帰ってきてました。
その影響で、文字に興味を持ち始め、いまでは、名前は何も見ずに書くようになりました。
わたしの名前も書いてくれますよheart04
お友達の名前も簡単なのなら書けます。

Photo_4 そんなこんなでいると、最近は名前だけではなく、自分の思ったことなど書いて喜んでます。
これは、「あいたいとき」です。
“お”と“あ”が微妙ですが、本人は「あ・い・た・い・と・き」とか言いながら書いてたので、きっとそう書いてあるでしょう(笑)

これ誰にあげるの?と聞いたら、「ばぁばが来た時にあげるんだheart04だから、ばぁばにあげるお手紙のとこに貼っておいてhappy01」と言われました。
Photo_5 こんなのが、うちの壁に貼ってある「ばぁばにあげるお手紙」たち(笑)
ちょこちょこ書いては取りかえたり自分でいろいろ工夫してます。
なので、「わかったよー。ばぁばが来たらあげようねー。」と言うと、「ばぁば明日きたらどうする?おてがみみたらなんていうかなー。ゆずひめーありがとうーーっていうかな。」と聞いてきたり。
「うーーん。明日は来ないとおもうよ。でも、お手紙みたらきっと喜ぶと思うよ。すごいねーありがとー!って言うんじゃない?」と答えると、
「じゃあさーじゃぁさー、明日の次に来たらどうする?」と聞くので、「明日の次にも来ないと思うよ。」と言うと、「じゃぁ、明日寝て、その次も寝て、その次はどう?」って聞くので、「しばらくは来ないと思うよ。ばぁばも忙しいからなかなか来れないんだよ。」って言うと、「もーーーーpoutママのイジワル!!」と逆ギレsweat02
なんで私が怒られなくちゃならないのか・・・

「だったらさ、今度ばぁばのうちに行くとき持っていってあげたらいいじゃん。」と言うと、「あ、それいいねwinkママーいいこと考えたじゃん。」と褒められました(笑)

まぁ・・・とにもかくにも、“お手紙のやりとり”のような“対人関係”も学んできてるようです。

幼稚園で来月のお遊戯会の練習が行われているようで、おうちに帰ってきては、それをみせてくれます。
すんごく可愛いheart04
本番楽しみだな・・・とピーチンに言うと、「どうせ泣いて踊れないんだから、今のうちにみときな・・・」と言われました。

・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜遊び

今日は、インフルエンザの予防接種2回目でした。
病院の帰り、病院の近くにあるみゅう宅へ招かれたので、お邪魔してきました。
柚姫もみゅう宅へ行けるというモチベーションだけで予防接種は軽くクリアしてました(笑)
Photo
みゅう宅への手土産に午前中に焼いておきました。
カスタードクリームパンshine
みゅうファミリーは気にいってくれたようであっちゅーまになくなってくれました(笑)

カズチン親子も来ていたので、子供たちはみゅう姉や兄とともに楽しそうに遊んでました。
おチビもいっちょまえに仲間に入って遊んでましたよheart04

そんなんで、ママ話に花が咲き、気づいたら、みゅうパパが帰宅。
時計をみると19時!!!!!!

慌てて帰ってきました(笑)

週のはじめから、夜遊びをさせてしまった・・・

ピーチンに、
「ママたち大人が楽しみ過ぎて時間わすれてるもね・・・」
とチクチクやられました。

柚姫はとても楽しかったようで、みゅう宅で遊んだ内容を一生懸命教えてくれました。

夜・・・みゅうママからメールが。

「みゅう姉と兄がおチビをめぐって、今、取っ組み合いのプロレスがはじまってます・・・」

おチビは自分の方が好きだ、やれ違う、だとかできょうだいケンカに発展してしまったようです・・・

愛されすぎのおチビですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お泊まり

Photo_2今日は、葵姫ママが夕方までお仕事だったので、葵姫を預かることにしました。
幼稚園に入ってから、おうちで遊ぶことが激減したお二人なので(いつも幼稚園で遊んでる・・・)、葵姫と柚姫を一緒にお迎えにして、せっかくだから、晩御飯とお風呂も、寝ちゃったら泊っていってもらう感じで、預からせてもらいました。
せっかくついでに、葵姫ママも晩御飯をうちで食べてもらうことにしました。
ピーチンは、最近仕事が超多忙でまともな時間に帰ってこれないので、葵姫ママが来るというと、「いや~今日は安心して残業できる。」なんて言って出かけていきました(笑)

それにしても、このお二人。
ほんとに仲良し。
疲れてくると喧嘩したりするけど、すぐに大笑いしてるし、気づいたら仲良くやってるし。
そんなお二人に、おれも!おれも!ばかりに頑張ってついていってるおチビ。

おかげで、夕方に入ってるドラマの再放送、ゆっくりみることができました(笑)

葵姫ママが帰ってきて、ご飯にしました。
みんな、モリモリたべてくれてよかったlovely

Photo_3 そしてお風呂。
お二人、きゃっキャッ言いながら楽しそうに入ってました。
お風呂からあがると、
「葵姫、楽しかったね。ほんとに楽しかったね。」と柚姫が言うと、「また一緒にはいろうね。」と葵姫。
なんかこのやりとりがほほえましくて、「今日、うちに来てくれてほんとにありがとう」と思えました。

そして、お二人はお布団に入ったので、寝るのかな?と思いきや、顔を見合わせて笑い合ってる。
ほんとうに楽しんだな・・・と。
こんなちいちゃいうちから、こんな仲良しの友達がいて楽しめるのってほんとによかったな・・・と心から葵姫親子の存在に感謝しました。

結局、微妙な時間にピーチンが帰ってきてしまい、子供たちは覚醒。
寝る気配がなくなったので、葵姫親子は帰ることにしました。

今日だけ特別に柚姫に車まで葵姫親子を見送らせてあげました。
葵姫親子が行っちゃったあと、
「ママ、今日はこんなまっくらまで葵姫とあそべて楽しかったね。また遊びたいなー。」と柚姫が言いました。
それが、なんだかものすごく可愛く思えて、特別に抱っこしてあげました。

ひそかに、冬休みに葵姫親子と温泉旅行を計画しようと思い付きました。
そしたら、葵姫ママから、「今日はありがとね。冬休みどこの温泉行く?」とメールがきました(笑)
すごい・・・以心伝心???

そうそう。
今日、幼稚園にお迎えに行ったついでに、先生に土曜参観日の時の自分の行動についてよかったのか聞いてみました。
「今後の参考までに・・・」と聞いたら、先生は笑って、「柚姫ちゃんなら“今後”もありえますね!3学期も参観ありますから~!」と笑い飛ばしてくれました。

私の行動については、ケースバイケースで正しい答えはないと思うけど、先生は、「お母さんがあーやって黙って見守ってくれたので、こちらとしては助かりましたよ。」と言ってくれました。
一緒に泣いてしまうお母さんもいるんだとか。

とりあえず、そんなとこでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜参観日

今日は、柚姫の幼稚園の土曜参観でした。
親子登園だったので、朝はいつもより早起きして、ピーチン、柚姫、おチビとみんなで出向きました。

いつもとなんだか違う感じに柚姫はテンション低め???
とりあえず、幼稚園に着いても、ピーチンや私から離れず、お友達にあいさつはするけどテンションあがらず・・・っていう感じでした。
保育がはじまるまで、幼稚園で書いているお絵かき帳をみたりして過ごしました。

まもなくして、「お片付けをしてください」という放送がはいり、担任の先生もお部屋に入ってきて、クラスの子たちも集まりはじめました。
先生が、「みんな~椅子だして!」と言ったので、親は子供たちから離れ後ろに並びはじめました。
私も、柚姫に「ママ、あっちで見てるからね!」と言って後ろに行こうとしたけど、柚姫が手を離さない。
そしてシクシクしはじめたと思ったら、「マーマー!マーマーー!」と泣きだしてしまいました。
とりあえず、ここからは“幼稚園の時間”だからと思い、後ろ髪ひかれたけど柚姫の手を離して「ママ後ろでみてるから大丈夫だよ。頑張ってね。」と柚姫に言って後ろにさがりました。
柚姫は「わーーーーーーーん!マーーーーマーーーー!マーマーこっちきて!こっちきてよーーー!わーーーん!」と号泣し始め、両隣で葵姫とみゅうが柚姫をなぐさめるけど、そんなのかんけーねーばりに、一段と泣きが増し、大・大・号泣。

他のお母さんたちも、私の顔みて「どうしたの?」とか「柚姫ちゃん、なんで泣いてるの?」とか聞いてきたり。

しだいにみんな笑いはじめ、かなり恥ずかしいcoldsweats01
柚姫ちゃんはそんな空気も読まず、かなりしつこく号泣。
先生になだめられるも、まったくおさまらず、
「落ちつくまでそばに行ってあげたら?」とか、「自分の近くに座らせたら?」とか「お母さん大好きなんだねーー」とかいろんなことをお母さんたちに言われましたが、もう親の手出しする時間ではないと“わたしは”思ったので、かなりセツナかったけど、見守ることにしました。
すると、補助のベテラン先生が来て柚姫の面倒をみてくれました。
大好きな朝の歌や踊りがはじまっても、「マーーーマーー!マーーーマーー!」と泣いてるし、隣にいたみゅうパパに、「柚姫チャン・・・粘るね(笑)」と言われるぐらい、柚姫はなかなか気持ちが切り変らず泣いてました。
ベテラン先生に抱っこされて椅子にすわると少し落ち着いたものの、でも、また思い出しては号泣するのを繰り返し。
20分くらいたって親子活動がはじまり、私のところに来てようやく泣きやみました。

親子活動では、ゲームをしたりダンスをしたり、牛乳パックやトイレットペーパーの芯を使っておもちゃをつくりました。
その、ゲーム中・・・
爆弾ゲーム(音楽がなっている間、ぬいぐるみを隣の人にまわしていき、音楽がとまったときにぬいぐるみを持っている人が負け)というのをやったのですが、最悪にも、ほんと最悪にも、1回目で柚姫が爆弾されちゃいました(苦笑)
そうしたら、また大号泣の柚姫。
思わず、「せんせい・・・gawk」と先生に怒りを示してみました。
先生にはあっさり笑われて終わったけど、でも、他のどのお母さんたちも、「先生タイミング悪いから」と思ったに違いない。
隣に座っていたお母さんに、「いまのは先生が悪いよね~」となぐさめてもらいました(笑)
そんなこんなで泣いてばかりの柚姫でしたが、最後は機嫌もよくなり、元気に活動できたので、なにより。
ホッとしたよーな、どっと疲れたような、濃い時間でした。

帰りの会が終わって部屋から出るとき、先生に「柚姫ちゃん、元気になってくれてよかったlovely」と言われたので、「1回は先生のせいですからね!」としつこく言っておきました。
最初に柚姫の面倒を見てくれたベテラン先生は、私の顔をみて、何も言わず目を細めてうなずいてました(笑)

とりあえず、かーーーなり疲れた時間を過ごしました。

午後から近くの公園に行くと、みゅうや偶然近くに用事を足しに来ていた葵姫、へき王子たちと遊べました。
みゅうママと葵姫ママは、「参観の時、よく我慢したねー。えらかったと思うよ。子供が困ってるのみるのが一番つらいしょ。手助けしたいときにできないのはつらいよね。」
と言って褒めてくれました。

確かに・・・今までだったら泣いたらすぐそばに行ってあげられるし、困ってたら手助けしてあげられたなーと。
でも、幼稚園に入園して柚姫は柚姫の世界というか、社会ができて、一人で乗り越えて頑張ることを経験しはじめてる。
今までとは違う形で支えてあげないとだめなんだよな・・・と改めて思いました。

正直、幼稚園で他のお母さんたちに言われた自分とは違う考えのことが引っかかってしまってて、今日自分のしたことは良かったのかと不安になっていた時でもありました。
だから、みゅうママや葵姫ママが褒めてくれたことは、自分と同じ考えの人もいるんだなーと安心できました。

ただ、今日は“参観”ということで、子供たちの園での様子を“参観”させてもらう日。
幼稚園に入園させたからには、元気な様子も、たまたまかもしれないけど柚姫みたいに泣いている様子も、“親”として心情は違うこそ、同じ姿勢で“見守る”ものなのかなと。

泣いている柚姫のところへ、今、自分が行けば必ず泣きやむ、そうわかっていても、行かないで見守るという試練?を、“親”として経験させてもらえました。
きっと、私は“親”として学びがまだまだ足りないという神様のメッセージなのかな(笑)

夕方ころには、「柚姫チャン泣いてたねー」と言われても、「いやー目立ってたしょ?ごめんね、一人だけ目立って」とか、「ごめんねー保育の妨げになってー」とか、「柚姫が泣いたから先生の技量がわかって有意義な参観だったしょ?」などなど、冗談で返せるようになってました(笑)

なんかよくわかんないけど、自分の感情や心情が怒涛のように変わって過ぎた一日になりました(笑)

変な疲れが残ってます・・・shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人懇談

Photo 今日は柚姫の個人懇談だったので、夕方頃、幼稚園に行きました。

偶然にも、カズチンママと同じ日程だったので、車に便乗させてもらいました。

個人懇談では、

・葵姫とやっぱり一番仲良しでいつも一緒に遊んでいる
・とにかく、元気いっぱいで遊んでいる
・冗談が好きで、先生がおもしろいことを言ったりふざけたりすると、すかさずつっこんでくる
・みゅうと葵姫で柚姫のとりあいみたいのがあってもめることもあったけど、今はほかのお友達とも喧嘩せず仲良く遊べている
・お弁当や給食の時に、葵姫が柚姫の席を確保し、ほかの子がそこに座ろうとしたら、葵姫が「ここは柚姫だからだめ!」と言ったりしている
・最近、葵姫がお迎えや預かりが多くなり、柚姫と園で遊ぶ時間が長くなって葵姫が喜んでいる
・葵姫は生活面や運動など、すごくよくできる子だから、柚姫の見本となったいろいろ手助けしてあげている
・こないだめずらしく葵姫が泣いていたからどうしたのか聞くと、柚姫が他の子と遊んでて、入れてくれないと言って泣いてた

などなど・・・

なんだか、ほとんど葵姫の話ばっかりで(笑)、先生は私を葵姫ママと間違えてるのでは?という感じ(笑)
とりあえず、元気に園生活を送れているようでホッとしました。

でも・・・でも・・・
こんなに葵姫とべったりしていたら、小学校の校区も違うし、絶対来年はクラスを離されちゃうだろうな・・・

私的には小学校が違うんだから、せめて幼稚園の3年間は一緒がいいんだけど・・・

そう考えるとかなり心細いけど、子供は子供の世界でちゃんと友達をつくっていけるはずだからどうなっても見守っていくしかないのかな・・・としんみりしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶話会~第2回~

今日は、柚姫の幼稚園のクラスの茶話会でした。
今回の幹事は葵姫ママです。
出席者は21名で、前回これなかったママさんも多数参加してくれました。

5,6人は赤ちゃん連れの参加で、偶然にも1歳前後のおちびさんたちばかりでした。
だいぶん、お子様とママの顔が一致してくるようにもなりました。

おチビくんは行きの車で爆睡し、お店に着いて床においてもまだ爆睡。
みんなに、「今日は下の子置いてきたの?」と聞かれましたが、「いや、あっちで寝てる。」というと爆笑されました。
とりあえず、運ばれてきた御膳を食べ終わるまでしっかりと寝ててもらいましたhappy01

いろんなママさんたちとお話できて楽しかった。
前回と確実に変わったなーと思うのは“話題”。
前回は入園したてだったので、どうにかみんな園での様子を知ろうと必死な感じでしたが、今回は園の話もそんなに出ず、それぞれ習い事などについて話してました。

帰宅後、みゅうママから公園で遊ぼうメールが届いたので、公園に行きました。
みゅうママが、「今日の茶話会にいた赤ちゃんたちのなかで、おチビが一番可愛かったわ~lovely身内贔屓かなーと思ってよくよくみたけど、ダントツだったよ!」
と言ってくれました。
柚姫のときはそんな褒められ方をしてもらったことがなかったので、どうやって答えたらいいのかちょっととまどいましたが、今日の一番うれしいお言葉でした。
そのあと公園に来た、アミ姫ママにも同じことを言われたもんだから、ちょっとテングになりそう(笑)
気をつけまーーすbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »